Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

どのようにして録音したものをCDに保存するのですか?

Audacityで録音や編集が終わったら、次のステップであなたの作品をオーディオCDに保存することができます。

  1. Audacityウィンドウの左下にあるプロジェクトのサンプリング周波数を44100 Hzにセットしてください
  2. 設定の"ファイル形式" タブに行き、"非圧縮書き出し形式"ドロップダウンメニューからWAV (Microsoft 16-bit PCM)またはAIFF (Apple/SGI 16-bit PCM) (Audacity 1.3.3以降ではこのステップはスキップしてください)
  3. プロジェクトがステレオトラックを含んでいない場合、プロジェクト > 新しいステレオトラック (1.3.2以降では トラック > 新しく追加... > ステレオトラック) によりAudacityが録音したものをステレオで書き出すようにしてください- このステップはiTunesでCDを焼く場合は不要かもしれません。)
  4. ファイル> 書き出し... > WAV、またはファイル > 書き出し... AIFFを選び録音されたものをオーディオファイルに書き出してください。 (1.3.3以降では、ファイル> 書き出し... の後"ファイルの書き出し" ダイアログの中でWAVまたはAIFFを選んでください)
  5. CD書き込みソフトウェア (たとえばiTunesやNero)を使ってこのファイルをCDに焼いてください。

ディスクを通常のCDプレーヤで再生できるようにするには、"music" や"audio" CDを作成するようにしてください。 ("data" や"MP3 CD"ではありません) CD-Rを使ってください。プレーヤによってはCD-RWが読めないことがあります。 オーディオCDに書き込めるのは最長74分です。- これはオーディオCDフォーマットの制限によるものです。

"data" CDであればもっと長いファイルを書き込めますが、通常のCDプレーヤでは再生できず、コンピュータ、DVDプレーヤやMP3 CDプレーヤが必要です。さらに詳しい情報についてはAudacity WikiのCDを焼くにはをご覧下さい。

さらに 長時間録音を複数のトラックに分割するには?もご覧下さい

他のよくある質問...