Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

Audacity 1.3: トラックのフォーカス

Audacity 1.3.2以降では、操作のすべてをキーボードにて 行うことができます。これまでのようにシフトおよびコントロールキーと共に左右 の矢印キーを押すことでカーソルの移動や、選択を左右に 拡張できます。新機能として、上下の矢印キーにより 選択とは無関係にフォーカスされているトラックを変更したり Enterキーによりフォーカスされているトラックの選択を切り替えることができます。

フォーカスされているトラックは、下のスクリーンショットのように 緑色にハイライトされます。トラックをクリックすることで選択しフォーカスすることができます。


上の絵は上側のトラックの領域が選択された状態です。
ラベル領域の色が変わったことでこのトラックが選択されていることを示しています。
周囲が緑色になったことでこのトラックがフォーカスされていることを示しています。


下向き矢印キーを押すことでフォーカスが下のトラックに移ります。
しかし上のトラックのみが選択されています。


Enterキーを押すことで下のトラックの選択状態を反転できます。これで下のトラックも選択されました。


最後に上向き矢印キーとEnterキーを押すことで上のトラックを非選択にします。
これはトラックを変えても同じ領域を選択する1つの方法です。

戻る:改良されたツールバードッキング 次へ:修復とイコライゼーション効果

上へ:Audacity 1.3の新機能