Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

Audacity 1.3: Mac OS X 機能

AudacityのオーディオI/Oライブラリ、PortAudio v19、は、以前は未対応だったマルチチャンネルデバイスなど、より多くのMacオーディオデバイスをサポートしています。

AudacityはIntel Macにも対応します。現時点ではこれは別のダウンロードで提供されます。

Mac OS XでもAudacityはAudio Unitプラグインをサポートします。 Audacityはシステムまたはユーザーのライブラリフォルダ内の通常の場所でAudio Unitsを検索します。

これで Audacity 1.3.1 および1.3.2の新機能の説明は終わりです。 以前のAudacity 1.3.0でサポートされていた機能について継続してお読みください。

戻る:選択バー 次へ:トラックの縮小/展開

上へ:Audacity 1.3の新機能