Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

Audacity 1.3:改善されたトラックへのラベル付け

トラックへのラベル付けはプロジェクトの中でマーキングと注釈付けを行う方法です。Audacity 1.3では、ラベル付け機能は大きく改善されました。すなわち、重なったラベルのサポートおよびラベル領域の左右両方の端点をクリック/ドラッグだけで変更する機能などです。


ラベルを作るには、まずオーディオを選択することから始めます。


トラックメニューから「選択領域にラベルを付ける」を選ぶ


ラベルにテキストを入力


ハンドルをクリック/ドラッグしてラベルをリサイズする


後でその選択領域を取り出すことができます - ラベルの内部をクリックするだけで。


クリックすると、そのラベル領域が現在の選択領域になりますので、そのラベル内の領域の別のトラックに対して操作することができます。

戻る:1つのトラックに複数クリップ 次へ:その他の機能