Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

Audacity 1.3: 選択ツールバー


選択ツールバー

Audacity 1.2では、選択状況はウィンドウの下端のステータスバーに含まれていました。Audacity 1.3では、機能充実した選択ツールバーが取って代わりました。これは現在の選択(開始と終了または開始と長さを選べます)とオーディオの位置を表示し制御できます。この選択ツールバー自由に編集可能です。-フィールドをクリックして数値を書き込むことで現在の選択部分を正確に変更することができます。さらに 多彩なフォーマットオプションにより、サンプル単位、CDフレーム、NTSCビデオフレーム数など、さまざまな異なる単位で表示できます。


選択ツールバーでのプロジェクトのサンプルレート設定


選択ツールバーでの直接時間入力


選択ツールバーでの異なった時間形式サポート

戻る:プロジェクトの保存と回復 次へ:Mac OS X機能