Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

Windows ベータ

ベータ版

Audacity 1.3 はバージョン2.0になりました。システム要件をご確認ください。

このBetaバージョンをご試用いただき、また 私たちの開発のご支援をお願いいたします。. その際、お使いのオペレーティングシステム、問題の詳細内容、向上必要あるいはうまく動作しない機能についてお知らせください。バージョン1.3と1.2は異なるディレクトリであれば同じコンピュータに両方インストール可能です。

Vista および 7についてお読みください。

推奨するダウンロード

オプションのダウンロード

プラグインおよびライブラリ

その他のダウンロードリンク

Audacity Zip ファイルとNightly Builds

必要システム

Windows 95 およびNTはサポートされていません。

下記に示す"推奨するRAM/プロセッサ速度" は1時間の録音または20分のトラック3つを同時に編集する作業を想定しています。 "最低限のRAM/プロセッサ速度"はもっと小さなかつ短い作業を、他の不要なプログラムが閉じられた状態で行うことを想定しています。

Windows版 推奨する RAM/
プロセッサ速度
最低限のRAM/
プロセッサ速度
Windows 7 (64-bit)/ Windows 8 (64-bit) 4 GB / 2 GHz 2 GB / 1 GHz
Windows Vista (Home Premium/Business/Ultimate) (32- or 64-bit)/
Windows 7 32-bit (Windows 7 Starter以外) / Windows 8 (32-bit)
4 GB / 2 GHz 1 GB / 1 GHz
Windows Vista (Home Basic) (32- or 64-bit)/Windows 7 Starter 2 GB / 1 GHz 512 MB / 1 GHz
Windows 2000/ XP (32- or 64-bit) 512 MB/1 GHz 128 MB/300 MHz

 

一般にAudacityは上表の最低必要条件以上のコンピュータで動作させることが望まれます。Audacityが長時間オーディオや複数トラックを扱うプロジェクトで使われる場合は、最低条件よりずっと高性能のWindows 2000、XP、Vista、7あるいは8マシンを推奨します