Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

下のボタンを押すことでPaypalにより安全に送金できます(Paypalアカウントをお持ちでなくても可能)。 またクレジットカードあるいはお持ちのPaypal口座よりどんな金額でも送金できます。

私たちは小切手や銀行送金等の方法では受け付けておりません。またAudacityへの寄付金はアメリカ合衆国での所得税控除対象ではありません。

Audacityはどのようにして資金を集めているのですか?

Audacityは寄付スポンサーシップ、および私たちのWebサイトでの 広告によって資金を調達しています。

2007年3月、AudacityのWebサイトとダウンロードをホスティングしているSourceForge.net は収入を分配する画期的なプログラムのもとで私たちが広告を掲載することを許可いただきました。 SourceForge.netに感謝いたします!

Audacityへの収入はAudacityへのこれまでの貢献者の間で分配されているわけではありません。大変多くの人が関わっており公平に分配するのは容易ではありません。しかも、貢献者は誰もコード作成の対価としてのお金を期待していません。Audacityは空いた時間に活動するボランティアによって開発されています。Audacityはシェアウェアではありません。私たちはこの活動からお金を得ることを期待していません。

むしろ、Audacityの開発リーダーたちはプロジェクト遂行のための種々の物品やサービスのためにお金を使っています。 私たちのプロジェクトにいただくお金は回線料金やWebホスティング, 開発ツールやオーディオハードウェアに役立っています。これまで、私たちは寄付でいただいた資金を、Audacity商標の購入、開発者たちがプログラマーのイベントに出席するための出張費の補助などに使いました。そしてこれらの活動をさらに行う計画です。私たちの長期的な目標は専従の開発者を雇うために十分な資金をもたらすことです。 専従開発者はこのプロジェクトのためにフルタイムで働き、保守やリリース作業などの管理業務も引き継ぐことでボランティアたちがより多くの時間をコード開発に使えるようにすることが目的です。

これらすべては私たちがAudacityを無料で提供しさらに改良し続けるために役立っています。 AudacityチームはAudacityがフリーでオープンソースであり続けることを約束します。私たちはこの約束をGNU General Public LicenseのもとでのAudacityのライセンスについての中で述べています。

その他の貢献方法

お金の寄付以外にも、たとえば プログラミングテストドキュメント作成翻訳 あるいはForumにて質問に答えることでも 貢献 いただくことができます。私たちはAudacityをご使用いただき改善点をご提案いただいたり、Audacityのことを他の方々に広めていただくだけでも大変意義のある貢献だと考えており歓迎いたします。 Audacityへにサポートに感謝いたします。