Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

開発者

Ohloh はAudacity開発に関する定量的な解析を提供しています。 本サイトの各ページの末尾にあるOhloh "ロゴ" は最新の解析結果サマリーを表示しています。Audacityに関するOhlohページは、Audacityが使っているコードライブラリを除いてAudacity特有の開発分だけ表示するように設定してあります。 Ohlohサイトの Code tab にコード開発の進捗が表示されています。

メーリングリスト

audacity-devel メーリングリストに参加ましょう。現在進行中のものや将来の開発について議論したりAudacityソースコードのビルドや変更についてのアドバイスをもらったりできます。

SVN

Audacityの最新版コードはSVN repositoryにて取り出すことができます。私たちはこれ以外のバージョンの開発は行っておりません。

SVNより特定のタグ付けされたリリース をチェックアウトすることができます。

コンパイル手順を参照するには開発ソースコードのページをご覧ください。

SVNリポジトリは各種のGUIおよびIDEクライアントやプラグインよりアクセスできます。 GUIやIDEをお使いになる際にはそれぞれのツールの解説書に示されるコマンドを使ってください。

バグトラッキング

Audacity開発チームはBugzillaをバグトラックおよび改善のために使っています。 解決すべき課題を見つけるには、カテゴリ別に分類された Bug Listsをご覧ください。

もしご使用中に新しいバグを発見された場合は、feedback addressにEメールでお知らせください。

パッチの提出

開発者からのパッチは歓迎です。 Audacity WikiページにあるSubmitting Patches をご覧ください。