Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

1月 18, 2010: Audacity 1.3.11がリリースされました。

Audacity 1.3.11 (Beta)のWindows, Mac およびLinux/Unix版がリリースされました。 このリリースでは1.3.10に関して 皆様からお寄せいただいた多くのバグが解決されています。フィードバックをいただいた 皆様に感謝申し上げます。

私たちはこのリリースを2009年10月に亡くなった David R.Sky に捧げます。DavidはAudacity plug-ins に多大な貢献を行い、彼の仕事は今日も私たちのプログラムの中に 活きています。彼はすべての支援を必要とする人をサポートしました。 ご冥福をお祈り申し上げます。

1.3.11はWindows 7を暫定サポートしており、また Windows Vista およびMac OS X 10.6のユーザーは 1.2安定版でなく、こちらの使用を強くお勧めします。私たちは、 ぜひ多くの皆様にこの 1.3.11をお使いいただき、もし何か問題が発見された場合には フィードバック をお寄せくださることを期待いたしております。より上級ユーザーの皆様には、 Nightly Buildsをダウンロードしていただき、最新のバグフィックス版の試用をお願いいたします。 ベータ版リリースは継続される予定です。 メーリングリストを 購読 いただくことによりリリースに関するお知らせを受け取ることができます。

1.3.11における変更点:
バグ修正点:
  • 一部分を書き出す際に大量のオーディオが書き出されてしまう現象の修正
  • メタデータを含むファイルを書き出す際に、ファイルが壊れてしまう現象の修正;メタデータ はM4Aファイルとして正常に書き出しできるようになりました)
  • Nyquistプラグインが既存のラベルトラックに新規ラベルを追加できなかった現象の修正
  • オーディオデバイスが存在しないPCで設定を開こうとするとクラッシュする現象
  • タイマー録音と音による録音起動を使った場合のバグ
  • (Windows)  ウィンドウズインストーラにより、新しいAudacityを 旧バージョンの上に正しくインストールできるようになりましたs
  • その他のクラッシュおよびインタフェースの問題
改善点:
  • (Windows)  高解像度アイコンファイルfile
  • オーディオの領域にラベルを付けることができる、新しいSound Finderプラグイン

Changes in Audacity 1.3.11 にて1.3.11やベータ版に関するより詳しい情報をご覧ください。注意: このリリースは Windows 98およびMEをサポートしていません。これらのOS向けには1.3.7が ダウンロード可能です。


もっとニュースを見る