Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

12月 01, 2009: Audacity 1.3.10がリリースされました。

Audacity 1.3.10 (Beta)のWindows、 MacおよびLinux/Unix版がリリースされました。このリリースでは 多くのクラッシュやフリーズ問題やその他のバグが解決され、私たちの 目標である新しい2.0リリースに向けて確実に近づいてきました。

Windows Vistaおよび7のユーザーは、安定版1.2.6ではなく、むしろ この1.3.10のご使用を強くお勧めします。私たちは、ぜひ多くの皆様にこの 1.3.10をお使いいただき、もし何か問題が発見された場合には フィードバックをお寄せくださることを期待いたしております。 より上級ユーザーの皆様には、 Nightly Buildsをダウンロードしていただき、最新のバグフィックス版 の試用をお願いいたします。最終版である1.3.11 Betaはまもなくリリースされる 予定です。メーリングリストを 購読 いただくことによりリリースに関するお知らせを受け取ることができます。

1.3.10における変更点:

取り込み/書き出しでのバグ修正:
  • ピッチ(EAC) 表示での取り込み中のフリーズ
  • WAVまたはAIFF取り込みとWMA書き出しでのデータ破壊
  • メタデータエディタが書き出しの前に現われる現象
エフェクトのバグ修正:
  • イコライゼーションでのクラッシュ/ハング;前後を反転と 無言を圧縮でのエラー
  • Nyquist: メモリの過剰消費; ヨーロッパ言語でのエラー; テキストボックス値が不正確
  • VSTエフェクトが消去された後でもメニューに残る
その他のバグ修正:
  • プロジェクト保存中の "書き込みできないかディスクが一杯です" という不正なメッセージ
  • 複数トラック使用中の再生同期ずれまたはデータ喪失
  • 有効なデバイスがない場合に設定を開くとクラッシュする
  • (Windows) Audacity起動時に最前面に表示されない ことがある
  • (Linux) ラベル編集の取り消しまたは繰り返しでクラッシュ
改善点:
  • オーディオ付きラベルのコピー/ペーストとシステムクリップボード の改善
  • コントラストツールがモードレス、直感的な複数プロジェクト操作 、 その他の改善

Changes in Audacity 1.3.10 にて1.3.10やベータ版に関するより詳しい情報をご覧ください。注意: このリリースは Windows 98およびMEをサポートしていません。これらのOS向けには1.3.7が ダウンロード可能です。


もっとニュースを見る