Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

5月 18, 2007: Audacity 1.3.3 がリリースされました。

Audacityチームより Audacity 1.3.3 (Beta) がリリースされましたことを お知らせいたします。1.3.2(Beta)に比べて多くの新機能と性能向上を含んでいます。 このバージョンはまだ開発進行中で、ドキュメントや他言語へ翻訳もまだ完全ではありませんので 上級ユーザ向けです。 一般のユーザ向けにはAudacity 1.2.6 が安定でドキュメントも出来上がっているバージョンです。 Audacity 1.2.6と 1.3.3は同じコンピュータにインストールすることができます。

1.3.xベータに関するより詳細な情報は1.3での新機能 をご覧ください。

1.3.3ベータ版
開く/保存形式
取り込み
  • OS XでのQuickTime (mov, aac, m4a)ファイル取り込みがサポートされました。
  • Broadcast Wave Format (BWF)ファイルの取り込みが可能になりました。
書き出し
  • OGGファイルにメタデータを付加できます。
  • 書き出しオプション選択の改善
  • MP3およびFLACファイル形式に加えてさらなる書き出しオプション
  • WindowsおよびOS Xでコマンドラインエキスポーターがサポートされました。
効果
EQ効果
  • 応答性の改善
  • いくつかの向上が追加
  • バッチサポートの追加
新しいAuto Duck効果
AudioUnit効果のプレビューの追加
ノイズ除去効果の大きな改善
効果のプレビューをキャンセル可能になりました。
DTMFトーン発生機能追加
ノイズ効果に追加のオプション
トーン発生効果の改善
その他の機能
ビルトインのスクリーンコピー機能
スペクトル解析の処理速度大幅改善
OS Xでのドラッグ・ドロップ機能の改善
wxWidgets 2.8.xに対してのビルドのサポート
Windows Explorerで複数のAudacityプロジェクトを同時にオープンできるようになりました。
メインウインドウのスライダー改善
選択してスライド中にスナップできるようになりました。
トラックフォーカスの扱い方と見え方の改善
トラックのリサイズとズームの処理速度改善
スペクトル表示がズーム可能になりました。
内部ファイルキャッシュにより、プロジェクトファイルをネットワーク経由で取り扱う際の速度向上
さらに
他言語への翻訳の改善
多くの安定性の改善

もっとニュースを見る