Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

10月 30, 2006: Audacity 1.3.2 および 1.2.5がリリースされました。

Audacity開発者チームは昨年来、多くの新機能の開発に多くの時間をさいてきました。 AudacityチームよりAudacity 1.3.2 (Beta) が リリースされましたことをお知らせいたします。これは多くの機能と性能向上を含んでいます。 このバージョンはまだ開発進行中で、ドキュメントや他言語へ翻訳もまだ完全ではありませんので 上級ユーザ向けです。 一般のユーザ向けにはAudacity 1.2.5 がAudacity 1.2.4のあまり多くの新機能を含んでいませんがバグ修正バージョンです。これは安定 でドキュメントも出来上がっているバージョンです。 Audacity 1.2.5と1.3.2は同じコンピュータにインス トールすることができます。 また、92個のWindows用LADSPAプラグイン (Audacity 1.2.xおよび1.3.x用)を使えるようにしました。

Audacity 1.2.5での変更点と知られているバグについては1.2.5リリースノート をご覧ください。あるいは 1.3での新機能 にて新ベータ版の情報をご覧ください。

1.3.2ベータ版
使い勝手の向上
新しい選択バー
トラックへのラベル付け機能
ツールバーのドッキング機能の改善
メニュー名の改善と並べ直し
選択、ルーラーおよび再生コントロールの改善
組み込みエフェクトの改善
修復エフェクト
イコライゼーションエフェクト
その他のエフェクトの多くの修正と改善
視覚障害の方へのアクセシビリティ改善
スクリーン読み上げ機能、トラックへのアクセシビリティ、ホットキーの改善
タイマー録音
オートセーブとクラッシュからの回復
Nyquistのバグ修正と新機能
設定ダイアログの再構成
バッチ処理の改善
書き出しファイル形式の改善
Intel Macのサポート
多くのバグ修正と安定性改善
安定版 1.2.5
FLACを含むファイル形式サポートの改善
Macオーディオ問題の修正
無音作成のバグ修正、クラッシュ問題、Linux GCCビルド問題の修正
Intel Mac サポート

もっとニュースを見る