Audacity: フリーのサウンドエディタ・レコーディングソフトウェア

広告ポリシー

Audacityについて

Audacityは、Windows、Mac OS X、GNU/Linux、その他のオペレーティングシステム上で動作する、フリーで使いやすいマルチトラックのオーディオエディタ兼レコーダーです。インタフェースは多くの他言語に翻訳されています。Audacityは次のように使うことができます。

フリーソフトウェアについて

Audacityはボランティアによって開発されGNU General Public License (GPL)のもとで配布されているフリーソフトウェアです。

フリーソフトウェアは無料という意味のフリー(無料のビール- "free beer" のように)であるだけでなく、自由という意味のフリー (言論の自由- "free speech"のように)でもあります。 フリーソフトウェアはプログラム使用、動作の勉強、改善や他人との共有の自由を提供します。 より詳細な情報は、Free Software Foundationをご覧ください。

Audacityのようはソフトウェアはオープン・ソース・ソフトウェアとも呼ばれます。なぜならそれらのソースコードは誰にでもオープンで勉強したり使用したりできるからです。 現在、何千ものフリーかつオープン・ソースのソフトウェアが存在します。たとえば、Firefox webブラウザ、OpenOffice.org オフィス・スイート、それにLinuxベースのオペレーティング・システムである Ubuntuなどです。

私たちはAudacity開発を支援するための 寄付 を歓迎します。 どなたでもAudacityに貢献できます。たとえば ドキュメンテーション翻訳、ユーサー サポート それに私たちの最新のコードをテスト していただけることなどです。

Ohloh はAudacity開発に関する定量的な解析を提供しています。 本サイトの各ページの末尾にあるOhloh "ロゴ" は最新の解析結果サマリーを表示しています。Audacityに関するOhlohページは、Audacityが使っているサードパーティのコードを除いてAudacity特有の開発分だけ表示するように設定してあります。

Audacityのバンドル、再販および配布について

ベンダーはGNU General Public License (GPL)の条件のもとでAudacityを製品にバンドルしたり販売したり配布することができます。(Vendors and Distributors of Audacityを参照のこと)

Audacityをバンドルしたり、販売したり配布する際には、ライセンスおよびベンダーとディストリビューターへのアドバイス ページを全体をご一読ください。

Audacity 開発へのスポンサー

私たちは、Audacity開発へのスポンサーに興味のあるいくつかの会社やグループからも、ぜひ手紙をもらいたいと思っています。